再生医療の目覚ましい発達による結果

sample欠損した部分を埋めるための再生医療は、既に新しい時代に入ったといわれています。
3Dプリンターによる実験も大詰めを迎えており、既に実用化の段階までこぎつけたところも少なくありません。
特に、骨や歯の形成や軟骨の形成に関してはすでに何年も前から医療の現場で登場してきました。
しかし、感覚器官の一つである耳の再生に成功した大学もあるため、今後、3Dプリンターによってさらに多様性のある再生医療への活用が行われると考えられています。
一説によると今後、20年以内に心臓を3Dプリンターで製作できるようになることが期待されており、研究が進行していることは事実です。
医療の現場では、乳がんをはじめとした、がんやほかの病気によって失われた臓器や感覚器を3Dプリンターによって作れる実験を行っていた可能性は少なくありません。
病気や戦争による被害によって、名もない人々が失った部分を再生できるようになる未来が、すぐそこまで来ています。

接骨院をお探しなら鈴鹿市のまつ整体整骨院

スポーツトレーナーが施術する接骨院 高浜

株式会社GLITTER
小児脳性麻痺・ダウン症などの小児障がいのお子様のために症状の改善や二次障害の防止に効果のあるマッサージなどの施術をしています。

予約システムを激安開発

最新投稿

  • 医療者の説明不足を見抜けるようになろう

    医療者には患者に説明を行う義務があります。
    それと同時に患者側も医師や看護師の言葉を理解する責…

    続きを読む...

  • 医療事務ってどんな仕事内容なのか

    医療事務は女性に大変人気のある職業になります。
    ですが、一体どのようなお仕事があるのでしょうか…

    続きを読む...

  • 医療者とのコミュニケーションは真剣勝負で

    ふだん病院で医療者の話を聞く際にメモを持っていく人は少ないですが、風邪ぐらいで大袈裟ではないのかと考…

    続きを読む...

  • 医療事務の仕事でキャリアアップは出来るのか

    医療関係の仕事は様々なものがあります。
    医者や看護師は、きちんとした資格を取得しないといけませ…

    続きを読む...